ビットコインのリスクは対策可能!
賢い運用で最大限の利益を出す方法

ビットコインのリスクは対策可能!賢い運用で最大限の利益を出す方法

ビットコインを始めてみたいけど、最近あまりよくないニュースも聞くし心配…。
という方は、実際にどんなリスクがあるのか気になりますよね。

確かに、ビットコインは価値の下落や取引所からの流出といった可能性があり、リスクがゼロだとは言いきれません。

でも、実はそれらはすべて事前に防げるもの。
どんなリスクがあるのかをきちんと理解し、その対策をとっておけば大丈夫なんです。

ここでは、ビットコインのリスクとその対策方法をご紹介。
あなたの資産を守り、さらに増やしていくためにぜひ最後までご覧くださいね。

ビットコインのリスクと対策方法

それでは早速、ビットコインのリスクと対策方法を見ていきましょう。

価値の下落
取引所のハッキング・倒産
詐欺被害
国による規制
送金ミス
パスワード紛失

の6つのリスクが考えられます。
一つずつ、ご説明しますね。

価値の下落

ビットコインを購入する際に、もっとも気になっていることかもしれませんね。
実際に、ニュースなどで「大暴落した」などと聞くととても不安になると思います。

確かに、ビットコインには価値が下落する可能性があります。そ
れは否めません。

ただ「ビットコインの今後」でも解説している通り、ビットコインの価値は需要の高さで決まります。
まだまだ注目を集め続けていることを鑑みれば、今後価値が上昇する可能性は充分にあると言えるんです。

また、ビットコインは発行数に限りがあるため無限に増えて供給過多になることがありません。
常に需要とのバランスが保たれている安心感もありますね。

とは言え、まだ不安定な面もありますから資産を注ぎ込みすぎないようにしましょう。
まずは余裕のあるお金で購入し、儲けた分で投資を重ねるのが賢明です。

ビットコインがもらえるサービスを利用して、初期投資分を無料で手に入れるのも賢い方法ですよ。

取引所のハッキング・倒産

2014年のマウントゴックス、2018年のコインチェック…
と聞けば、取引所から仮想通貨が大量に流出した事件を思い浮かべる方も少なくないでしょう。

仮想通貨が存在するのはインターネット上のみ。
ということは、ハッキング被害のリスクも考えられるということです。
くら取引所が万全を期していても、その可能性はゼロではありません。

かといって、取引所を利用しないことにはビットコインの運用は不可能。
どうすればよいのでしょうか。

このリスクを最大限に減らすためには
保障制度のある取引所を利用する
複数の取引所を利用する

ことが大切です。

例えば、大手取引所のbitFlyerでは【不正な日本円出金が発生】した時点で最大500万円の保障を受けることができます。
国内の主要取引所で保障制度を設けているのは、bitFlyerだけ。
ありがたいですね。

メインの取引所をbitFlyerにしておけば、まずは大丈夫でしょう。

ただ、この保障も【日本円出金】という制限付き。
これだけではやや不安が残りますよね。

そこで、もうひとつ取引所を使うことをお勧めします。
資産を分散させることで万が一の際の被害を最小限に抑えるためです。

例えば、Zaifであればビットコインの取引手数料も格安で利用できるのでサブとして利用するにはもってこいですよ。

メインでbitFlyer、サブとしてZaifに預けておけばより安心です。

ちなみに、取引所への登録は無料でできますから、両方に登録をしておいて損はありません◎

詐欺被害

実際に元手の何百倍もの利益を得ることがある仮想通貨。
それにつけこんだ、詐欺も存在しています。

例えば、
「まだ世には出ていない仮想通貨なんだけど、ビットコインの仲間で今買っておけば半年後には1億は超えるよ」
などといったセリフで資金をだまし取るケースが、報告されています。

これが株なら「そんなにいきなり価値が上がるなんて怪しいな」と思うでしょうが、仮想通貨ならあり得ない話ではないので、しっかりした人でも騙されることがあるんです。

未公開の仮想通貨を使った儲け話には詐欺の可能性を疑う
仮想通貨の動向を詳しく追うための正しい知識を身につける
不信に思ったときには大手取引所で取り扱いがあるかを調べ、ない通貨には手を出さない

といった対応をすることで、詐欺被害から身を守りましょう。

なかでも、正しい知識を身につけるというのは今後ビットコインに携わるうえで重要なことですから、セミナーなどでプロの手ほどきを受けることをお勧めします。

ただしそのセミナーも、主催者の身元が明らかになっていて信頼できるものを選んでくださいね。

国による規制

全世界で使えるビットコインですが、中には厳しい規制を設けている国もあります。

2017年には中国で仮想通貨に対する規制が厳格化されたほか、バングラデシュやネパールでも禁止されています。
世界中のどの国でも例外(・・)なく(・・)使えるというわけではないんです

ただ、それ以上にオランダや韓国、そして日本といった先進国で仮想通貨の導入が推進されていますから、投資・投機として活用する分には問題ないでしょう。

海外旅行で決済に使いたい!
という方は、行き先の国で使用可能かどうかを事前に調べることをお勧めします。

送金ミス

中央機関がなく、個人間での送金がスムーズにできるのがビットコインをはじめとする仮想通貨の良いところ。
ですが、それはつまりミスをしても対応してくれる機関がないことを意味します。

間違ったアドレスにビットコインを送ってしまっても、取り消すことは不可能。
一度送ったビットコインはもう戻ってきません。

また、個人情報が強固に守られているビットコインでは、間違ったアドレスの持ち主が誰なのかが分かりません。
相手に送り返してもらうことも難しいです。

送金の際には、しっかりと確認をしてくださいね。

まずは少額から試して、問題がなければ本来の送金額で実行するという流れがお勧めです。

パスワード紛失

自身のビットコインを管理しているウォレットのパスワードを忘れてしまう…。
これは一大事です。

個人情報が強固に守られている仮想通貨業界で、自分の情報を知っているのは自分だけ。
万が一紛失してしまっても、それを知る術がないんです。

それはつまり、せっかく増やした資産にアクセスできなくなるということ。
非常に悲しいですよね。

パスワード解除を専門とする業者もいますが、依頼をすると最低でも数十万円はかかります。

ビットコイン
ビットコインそのものの価値が変わる
ビットコインの需要・供給のバランスによる。

FX
各通貨自体の価値は変わらない。(100円は100円、150ドルは150ドル)
経済状況の変動によって、各通貨の取引価格が変わるだけ
例:1ドル100円→1ドル120円(ドル側と円側で、損得が分かれる。)

ということ。

ビットコインは、口コミやメディアでの取り上げられ方などによって価値が変わることがある一方で、FXには経済事情が大きく絡んでくるんです。

一見、メディアや口コミで変動するビットコインが不利なように思えますが、今や誰でもTwitterなどのSNSで世間の動向を簡単に見ることができる時代。
テレビやネットニュースからも、世間の声を知ることができますよね。

経済情勢を読み解き、予測するのには専門知識と経験が必要ですが、世間を知るのにはスマホやPCがあれば十分

投資という観点で言えば、ビットコインの方が価値の上下を予想しやすいといっても良いでしょう。

価値の変動幅が違う!

価値の変動幅、つまり「上がり下がり」の大きさも、この二つは異なります。

ビットコインは変動幅が大きい
FXはある程度安定している

と言われています。
なぜ幅が違うのかと言うと、

ビットコイン 価値の変動幅に制限がない。どこまでも上下ができる。
また、通貨そのものに価値がつくので、口コミやメディアでの扱われ方次第で信用度や需要・供給バランスに変動が出やすい。
FX 世界の経済情勢、特に円とドルの関係はだいぶと落ち着いている

からです。

ただ、記憶に新しいようにもしもこの先リーマンショックのようなことがあれば、FXも安定が約束されているとは限りません。
いずれにせよ、無茶な投資はしない方が良いですね。

取引時間が違う!

そして、ビットコインとFXでは取引できる時間も違います。

ビットコインは、仮想通貨なので実物がありません。
また、ネットワーク上で情報が管理されているため、24時間365日いつでもどこでも取引ができます。
日中は会社で働いていて、夜のスキマ時間で投資がしたい!という方には便利ですね。

一方、FXの取引ができるのは平日のみ
実在する通貨を扱っているので、為替市場がオープンになっているときしかできません。

利便性でいうと、ビットコインが良さそうですね。

=======

の6つのリスクが考えられます。
一つずつ、ご説明しますね。

>>>>>>> additional_page

価値の下落

ビットコインを購入する際に、もっとも気になっていることかもしれませんね。
実際にニュースで「大暴落した」などと聞くと、とても不安になると思います。

確かに、ビットコインには価値が下落する可能性があります。
それは否めません。

ただ「ビットコインの今後」でも解説している通り、ビットコインの価値は需要の高さで決まります。
まだまだ注目を集め続けていることを鑑みれば、今後価値が上昇する可能性は充分にあると言えるんです。

また、ビットコインは発行数に限りがあるため無限に増えて供給過多になることがありません。
常に需要とのバランスが保たれている安心感もありますね。

とは言え、まだ不安定な面もありますから資産を注ぎ込みすぎないようにしましょう。
まずは余裕のあるお金で購入し、儲けた分で投資を重ねるのが賢明です。

ビットコインがもらえるサービスを利用して、初期投資分を無料で手に入れるのも賢い方法ですよ。

取引所のハッキング・倒産

2014年のマウントゴックス、2018年のコインチェック…
と聞けば、取引所から仮想通貨が大量に流出した事件を思い浮かべる方も少なくないでしょう。

仮想通貨が存在するのはインターネット上のみ。
ということは、ハッキング被害のリスクも考えられるということです。
いくら取引所が万全を期していても、その可能性はゼロではありません。

かといって、取引所を利用しないことにはビットコインの運用は不可能。
どうすればよいのでしょうか。

このリスクを最大限に減らすためには
補償制度のある取引所を利用する
複数の取引所を利用する

ことが大切です。

例えば、大手取引所のbitFlyerでは【不正な日本円出金が発生】した時点で最大500万円の補償を受けることができます。
国内の主要取引所で補償制度を設けているのは、bitFlyerだけ。
ありがたいですね。

メインの取引所をbitFlyerにしておけば、まずは大丈夫でしょう。

ただ、この補償も【日本円出金】という制限付き。
これだけではやや不安が残りますよね。

そこで、もうひとつ取引所を使うことをお勧めします。
資産を分散させることで万が一の際の被害を最小限に抑えるためです。

例えば、Zaifであればビットコインの取引手数料が格安なのでサブとして利用するにはもってこいですよ。

メインでbitFlyer、サブとしてZaifに預けておけばより安心です。

ちなみに、取引所への登録は無料でできますから、両方に登録をしておいて損はありません◎

詐欺被害

実際に元手の何百倍もの利益を得ることがある仮想通貨。
それにつけこんだ、詐欺も存在しています。

例えば、
「まだ世には出ていない仮想通貨なんだけど、ビットコインの仲間で今買っておけば半年後には1億は超えるよ」
などといったセリフで資金をだまし取るケースが、報告されています。

これが株なら「そんなにいきなり価値が上がるなんて怪しいな」と思うでしょうが、仮想通貨ならあり得ない話ではないので、しっかりした人でも騙されることがあるんです。

未公開の仮想通貨を使った儲け話には詐欺の可能性を疑う
仮想通貨の動向を詳しく追うための正しい知識を身につける
不信に思ったときには大手取引所で取り扱いがあるかを調べ、ない通貨には手を出さない

といった対応をすることで、詐欺被害から身を守りましょう。

国による規制

全世界で使えるビットコインですが、中には厳しい規制を設けている国もあります。

2017年には中国で仮想通貨に対する規制が厳格化されたほか、バングラデシュやネパールでも禁止されています。
世界中のどの国でも例外なく使えるというわけではないんです。

ただ、それ以上に欧米諸国をはじめ、日本といった先進国で仮想通貨の導入が推進されていますから、投資・投機として活用する分には問題ないでしょう。

海外旅行で決済に使いたい!
という方は、行き先の国で使用可能かどうかを事前に調べることをお勧めします。

送金ミス

中央機関がなく、個人間での送金がスムーズにできるのがビットコインをはじめとする仮想通貨の良いところ。
ですが、それはつまりミスをしても対応してくれる機関がないことを意味します。

間違ったアドレスにビットコインを送ってしまっても、取り消すことは不可能。
一度送ったビットコインはもう戻ってきません。

また、個人情報が強固に守られているビットコインでは、間違ったアドレスの持ち主が誰なのかが分かりません。
相手に送り返してもらうことも難しいです。

             

送金の際には、しっかりと確認をしてくださいね。

           

まずは少額から試して、問題がなければ本来の送金額で実行するという流れがお勧めです。

 

パスワード紛失

自身のビットコインを管理しているウォレットのパスワードを忘れてしまう…。
これは一大事です。

個人情報が強固に守られている仮想通貨業界で、自分の情報を知っているのは自分だけ。
万が一紛失してしまっても、それを知る術がないんです。

それはつまり、せっかく増やした資産にアクセスできなくなるということ。
非常に悲しいですよね。

パスワードを紛失してしまうと、まず復元は不可能

絶対に忘れないようにしてくださいね。

とは言え、紙にメモをするのは危険です。
落として他人に拾われては大変ですから、パスワード管理アプリなどを使ってしっかり管理しましょう。

最大限のリスクヘッジで快適なビットコイン運用を!

ここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
ビットコインの6つのリスクとその対処方法をお伝えしてきました。
まとめると、

①投資には全財産を注ぎこんだりせず、まずは余裕のあるお金を使う。
無料でビットコインを得るのも賢い方法。
補償制度のある取引所をメインに据えて、サブの取引所にも資産を分けておく。
正しい知識を身につけ、送金ミスやパスワード紛失に気をつける。

の3点が大切です。

      

特に正しい知識を身につけるのは、自分の資産を守るうえでは欠かせません。
どんどん新しい情報が出てくるビットコイン業界ですから、その正誤を自分で判断できるようになるか、信頼できる相談相手を見つけましょう。

TOPページでは、ビットコインをはじめとする仮想通貨にまつわる様々な情報を掲載しています。

当サイトの監修者であり、仮想通貨のスクール講師も務める原田健太郎氏の厳選情報を受け取る方法もご紹介していますので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。