ビットコイン(BTC)とは?いったい何?
誰でも分かる簡単解説はココ!

ビットコイン(BTC)とは?いったい何?誰でも分かる簡単解説はココ!

ビットコインは、初めて誕生した仮想通貨。
円やドルとは違い目には見えない電子データなので、「仮想」の「通貨」と呼ばれているんですよ。

ビットコインが誕生したのは2009年のこと。
サトシ・ナカモトと名乗る人物が、ビットコインの仕組みが載った論文をインターネット上に投稿しました。
そこから世界中の技術者たちが、開発・運用をはじめたんです。

ビットコインは経済活動を円滑にするためにつくられた通貨(仕組み)。
次のような特徴があります。

ブロックチェーン技術による安全性の確保
国や時間に制限されない自由な決済
とても安い手数料
発行枚数が決まっているから価値が安定

これから詳しくご紹介していきますので、ビットコインについて知りたい方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

ビットコインの特徴 技術的な仕組みとは?

ブロックチェーン技術

日本円の場合は、日本が管理・運用をしていますよね。
ですがビットコインは、特定の企業や国が管理しているわけではありません。

「企業や国が管理してないのに平気?」
「ちゃんと安全につかえるの?」

と、心配してしまうかもしれませんが大丈夫。

ビットコインはユーザー同士が管理し合う、ブロックチェーンという仕組みで運用されています。

ブロックチェーンは分散型取引台帳とも呼ばれ、ビットコインの取引データはあらゆるユーザーのコンピュータに保存されます。

誰でもいつでも取引を見られますし、すべての取引履歴が数珠つなぎのように記録されているので、改ざんや不正はできません

だから企業や国といった中央管理者がいなくても、ビットコインは運用できるんです。

送金の自由と簡単な決済

例えば銀行を介した送金の場合。
銀行の種類・営業時間・ATMの場所など、考えなければいけませんよね。

「送金したかったけど営業時間外だ…」
「ぜんぜんATMが見つかんない…」

これではとても手間ですし面倒。
それに海外送金になると手数料が5,000円ほどかかりますし、手続きなどで1時間以上待たされるなんてことも。

ですがビットコインには、銀行のような特定の管理者がいません。
そのため管理者の都合に左右されず、自由に送金や決済ができるんです。

国内でも海外でも、インターネットに繋がっていれば10分で送金完了。
時間や場所を選ばないのはとても楽ですよね。

ブロックチェーンによって、取引履歴が自動で記録されるため決済も簡単。
EC(ネット通販)サイトや店舗で使えれば、手間なく会計が済みますよ。

また海外へ旅行したときも、わざわざ両替する必要はありません。
現地でそのままビットコインが使えるので、買い物もしやすいですね。

24時間365日、ビットコインならいつでも使えて便利なんです。

とても安い手数料

銀行などは金融取引の間に立って、手数料をとりますよね。
自分のお金を銀行から下ろすだけでもかかりますから、不便に感じている方も少なくないと思います。

手数料とは管理者へ支払うもの。
安全な運営を保証してもらっている対価といえるでしょう。

ですがビットコインはブロックチェーン技術により、管理者がいなくても安全に取引できる仕組みをつくりました。

それにより個人間のやりとりはもちろん。
お店への支払いにも管理者がいらないので、低コストで運用できるんです。

今までの金融取引は、どうしても管理者が必要でした。
革新的な技術を導入したビットコインは、これからのライフスタイルさえ変えるもの。

ムダな手数料が減れば、もっと経済活動は豊かになることでしょう。

ビットコインには発行枚数の上限があり価値が安定する

ビットコインはデータ上の通貨なので、いくらでもつくれるのは間違いありません。
ですが通貨としての機能を保つために、2100万枚という発行上限を設けています。

ビットコインの価値を決めているのは需要と供給。
ビットコインは便利で使える!と思う人が増えるほど、1枚あたりの価値は高くなります。

もし無限に発行されてしまえば、インフレーションを起こして価値は下落。
通貨としての機能を失ってしまうでしょう。

それを避けるために、ビットコインは発行枚数が決まっているんですね。

上限数があることから、ビットコインはよく金に例えられます。

金のように有限であり、世界中の人が価値を見出すこと。
それによりビットコインは、新しい世界共通の通貨として期待されているんです。

ビットコインの入手方法

ビットコインを手に入れるには、3つの方法があります。
さっそくどんな方法なのか確認していきましょう。

取引所で購入する

ビットコインを入手する一番簡単な方法です。
ほとんどの方が取引所を使って、ビットコインを増やしていますよ。

購入といっても、何百万円という大金は必要ありません。
ビットコインは数百円ほどから買えるんです。

日本の取引所なら、セキュリティがしっかりしていますし操作性も◎
銀行振込・コンビニ払い・クレジット払いなど、入金方法もさまざまあり便利ですよ。

おすすめの取引所はビットフライヤー。
ビットコイン取引量・ユーザー数ともに日本No.1です。

三菱UFJ・電通・リクルートなど大企業から出資されていて、豊潤な運営資金がありますし、もしものときの補償サービスがあるので安心。

ビットコインをはじめるなら、ビットフライヤー(bitFlyer)で間違いありません

マイニング(採掘)する

ビットコインにはマイニングという仕組みがあります。
簡単にいうと、ビットコインの取引システムに参加すること。

ビットコインはユーザー同士で取引を管理しています。
誰が誰にいくら払ったのか、どこで何を購入したのか…。
こういった取引情報が正しいのか見つけることをマイニングと呼んでいます。

マイニングに興味がある方は、↓に詳細があるのでのぞいてみてくださいね。

無料でもらう

ビットコインは成果報酬として支払われることもあります。
成果報酬といっても内容は簡単。

広告をみる
アプリをダウンロードする
仮想通貨を使って、通販サイトで買い物をする

こういったことで、ビットコインが無料でもらえるんです。
手軽にできますから試しやすいですね。

詳しくは↓でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビットコインの豆知識・トリビア

サトシ・ナカモトって何者?

ビットコインの仕組みを考え、論文を投稿したサトシ・ナカモト。
いったい何者なのでしょうか?

名前を聞く限り日本人のようにも思えますが、詳細は一切不明。

アメリカ人とも、集団だとも言われています。
またある界隈では、未来人なんて話さえでているほど。

「ビットコインのような技術を考案したなら、普通は名乗り出ない?」
と思うかもしれませんが、実はここが大きなポイント。

仮想通貨は経済活動を円滑にするための通貨。
これによってユーザーは喜ぶかもしれませんが、国や銀行はどうでしょうか?

とれたはずの税金や手数料がなくなった…
そうなっては一大事、すぐにビットコインを規制することでしょう。

ですがビットコインの仕組みはインターネット上に投稿されているので、ビットコイン自体を止めるのは現実的とはいえません。

そうなると、次に狙われるのは開発者。
なにかしらの理由で開発者を捕まえれば、ビットコインは停滞したと思います。

このような事態を避けるため、サトシ・ナカモトという匿名を使ったと、今では言われているんですよ。

ビットコインがはじめて使われたのは?

2009年から運用されているビットコイン。
はじめての取引は、どのような状況だったのでしょうか?

運用開始から送金などのテストで使われていましたが、実際の取引はゼロ。

そこでとあるエンジニアが冗談半分で「ビットコイン1万枚とピザを交換しない?」と、仮想通貨のメーリングリストに投稿しました。

このジョークを面白がった別のエンジニアが、ピザ屋に注文して家まで届け、1万BTCと交換したのが最初の取引。

今では1BTCが150万円ほどなので、とてつもない金額ですね。
ピザとの取引から通貨として使えそうだと広がり、ビットコインは価値をもつようになってきたんですよ。

このはじめての取引を記念して、2010年5月22日は『ビットコイン・ピザ・デー』と呼ばれています。
もしかしたらいつか、世界のどこかで新しい記念日として認定される日が来るかもしれませんね。

マウント・ゴックス事件の影響は?

ビットコインの話と切っても切れないのが、マウント・ゴックス事件

当時世界最大の取引所だったマウント・ゴックスで、75万BTC(当時のレートで470億円前後)と、預けていた運用資金28億円が消失しました。

当初マウント・ゴックスの代表取締役社長は、ハッキングされたと報道。
これがきっかけで、ビットコインの安全性が疑われたときがあったんです。

ですがフタを開けてみれば、代表取締役社長が横領しただけであり、ビットコインの仕組み自体はなんら問題がなかったことが判明。

ですが1つの取引所に預けるリスクや、ビットコインは分割して管理すべきという考えが生まれた出来事でもあるんですよ。

仮想通貨についてもっと詳しくなりたい!
会員限定でマル秘情報を公開中

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
ビットコインについてご紹介しましたがいかがでしたか?

仮想通貨は知れば知るほど奥が深い市場。
流れに乗り遅れないためには、普段からアンテナを高くする必要はあるでしょう。

ですが、どうやって情報を集めればいいのか…。
なにから勉強すれば、仮想通貨の投資に成功するのか…。

分からないことは多いと思います。

クリプトソラウドは、仮想通貨のスクール運営やICO:MARK.SPACE(マークスペース)日本マーケティングアドバイザーを務める原田健太郎氏が監修しているサイト。

情報の信頼性は高いですし、会員限定で仮想通貨の最新情報を公開しています。
見るだけでも周りと差をつけられるのは間違いありません。

買うべき銘柄・上場予定の仮想通貨など、クリプトソラウドしか掴めない情報がたくさんあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

Mail Magazine

仮想通貨の最新情報をGET!
無料で会員登録する

取引所の作り方や送金方法が分からなくても、最初からお伝えするので大丈夫。
一通り仮想通貨を運用してきた方には、ICOの見極めや売買タイミングのコツをご紹介します。

 新規会員登録 

無料会員登録で勉強会情報を受け取る?
オススメの取引所から送金の仕方まで
お伝えします!