ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設マニュアル!
安全に取引する方法

>ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設マニュアル!安全に取引する方法

ビットコインを買ってみたいなぁ
仮想通貨を始めてみたい…

こんな風に思っている方は、ビットフライヤー(bitFlyer)に登録しようかなとお考えかもしれません。

ビットフライヤーは仮想通貨の代表、ビットコインの取引量が日本一の最大手
取引手数料は若干高めですが、万が一預けていた日本円が不正に引き出されたとしても、500万円まで補償してくれるのがメリット。
安心して使えるので、初心者の方でも利用しやすい取引所です。

さらに、ビットフライヤーと提携している通販会社やカード会社、ポイントサイトが多く、ビットコインがたまるのも魅力のひとつ。

今回はそんなビットフライヤーの口座開設方法をご紹介します!

ビットフライヤー(bitFlyer)口座開設方法

まずは↓からビットフライヤーの公式ページへ移動。

上の画面にある赤枠の『無料アカウント作成』をクリックします。
ビットフライヤーにはウォレットクラスとトレードクラスに分かれていて、仮想通貨の売買をするならトレードクラスの登録が必要です。

ウォレットアカウントとトレードアカウントの違い

ウォレットアカウントとトレードアカウントの大きな違い、それは仮想通貨の売買ができるかできないか
ウォレットアカウントはその名の通り、お財布としての機能しか使えないので、仮想通貨の取引をしたい方はトレードクラスまで設定をしましょう!

それではさっそく、ウォレットクラスから登録をしていきましょう!

アカウント登録(ウォレットクラス)

先ほどお伝えした『無料アカウント作成』をクリックすると、上の画面に移ります。

『メールアドレス』の欄に自身のメールアドレスを入力し、『無料でアカウント作成』をクリック。

上の図の画面に切り替わったら、ビットフライヤーから届いたメールに記載しているキーワードをコピーして、『キーワード』の欄に入力すればアカウント作成は完了です。

フェイスブックやヤフーID、グーグルアカウントでも登録ができるので、お好みの方法を選択してくださいね。

本人登録の手順仮想通貨の売買をするなら必須!

ビットフライヤーのアカウントを作成したら、さっそく本人登録を行い『トレードクラス』にしましょう!

先ほどお伝えした通り、本人登録をしないと仮想通貨を取引所で買ったり売ったりできませんし、ビットコインを使った決済が使うことができず、利用可能なサービスが限定されてしまいます。

アカウント登録後は『トレードクラス』にするのがオススメです。
トレードクラスのアカウントも無料で作れるので、ご安心ください!

ビットフライヤーにログインし、右下にある取引時確認の項目の『ご本人情報のご登録』『ご本人確認資料のご提出』『お客様の取引目的等のご確認』の順に入力をします。

ご本人情報の登録

名前・生年月日・住所など、個人情報を入力します。
後ほどご紹介しますが、本人確認完了の際に送られてくるハガキを受け取る必要があるので、現在お住まいの住所を登録してください

ご本人様確認資料の提出

次に、本人確認書類を提出します。
提出の方法も簡単。

運転免許証もしくは、パスポートとなど顔写真と本人情報が記載された証明書をスマートフォンのカメラで撮影し、指示に従いアップロードするだけ。
もし顔写真付きの証明書がなければ、健康保険証でも大丈夫です。
郵送などは必要なく、自宅にいながらその場でラクラク完了。

写真のピントがブレていたり本人情報と相違があったりすると、エラーになってしまいます
内容がちゃんと確認できるのか、アップロードをする前にチェックしましょう!

お客様の取引目的等の確認

職業や取引目的など、該当する内容をチェック。

ここまでがトレードアカウントの登録手順です。
数日後にビットフライヤーから送られてくる書留を受領したら、はれて登録完了!
仮想通貨の売買や、決済方法としてビットフライヤーを経由してビットコインを使えるようになります。

その他の登録

携帯電話認証

アカウントを作ったら携帯電話認証登録を行いましょう。
必須ではないのですが、念のため設定すると安心して取引ができます。

本人確認のため、携帯電話の番号を入力して送信。
SMS(ショートメッセージサービス)に送られてくる6桁の数字を入力します。
受信拒否設定がされているとメッセージが届かないので、事前に確認しておくと◎。

銀行口座情報確認

トップページのアカウント情報の、『銀行口座情報確認』をクリック。

該当する銀行を選択するか、『50音から選択する』欄から銀行名の最初の一文字をクリックし、口座番号や登録名などを入力。

銀行口座はビットフライヤーに日本円を入金するときに使用します。
そのため、入金手数料が無料の住信SBIネット銀行の口座がもっともおススメ
住信SBIネット銀行の口座を持っていない方は、作っておくとお得に取引ができますよ。

パスワード変更&二段階認証設定は必須!

取引所はウォレットの機能もあるので、セキュリティ設定は重要!
安全に仮想通貨を保管するためにも、初期パスワードの変更と二段階認証の設定は忘れないようにしてください。

初期パスワードの変更手順

まずはトップページにある、『使う・その他』『設定』をクリック。

パスワード変更→現在のパスワード→新しいパスワード→パスワード
この手順で入力します。

 パスワードは9文字以上で、生年月日など予想がつきやすいものは避けてください。
適当な英数字の羅列し、忘れないようにメモをしておきましょう

二段階認証の設定方法

取引所のアカウントを作成したら、必ず行ってほしいのが二段階認証設定
この設定がされていなければ、セキュリティが十分とは言えません。

しかも、ビットフライヤーの場合、補償の条件のひとつに二段階認証が行われているか、という項目があります。
もし、入金していた日本円が誰かに不正され盗られてしまっても、二段階認証をしていなければ補償金がおりないんです

そのため、取引を行う前に必ず設定をしておきましょう。

アカウント情報のしたにある、二段階認証未設定をクリック。

上の赤枠をクリック。

二段階認証に必要なコードが登録アドレスに届くので、それを上の空欄に入力して『次へ』を押します。

確認コードの取得方法は認証アプリを使うと簡単。
いつ使用するかのところはすべてチェックをしてください。

二段階認証専用のアプリ、『Google Authenticator』をApp storeもしくはGoogle playでインストールし、上の画面に表示されたQRコードを読み込みます。

『Google Authenticator』で取得したコードを”認証コードを入力”の欄に入力し、二段階認証を設定。
これで仮想通貨をより安全に取引できます。

『Google Authenticator』のような認証アプリを使う場合は、スマートフォンでQRコードを読み取る必要があるので、パソコンでビットフライヤーの登録を行うとスムーズ。

最後に…ビットフライヤーのオススメポイントを紹介!

入金金額の保証が他の取引所よりも高い
ビックカメラ.comと提携している
ビットコインがたまる

ビットフライヤーを選ぶポイントは日本円の入金金額の補償が高いところ!

たとえば、万が一アドレスやパスワードが不正に使われ、日本円が取られてしまった場合でも、ビットフライヤーなら最大500万円まで補償してくれます。
ネット上でお金を管理するのは不安だと思いますが、ビットフライヤーでしたらこういった補償があるので安心ですね。

また、ビットフライヤーと提携しているショップで買い物をしたときに、ビットコインがたまるのも魅力的。

提携先は楽天やGU、じゃらん、ZOZOTOWNやTSUTAYAオンラインなど、有名なショップばかり。

最近はビックカメラのネットショップとも提携したので、ビットフライヤーの口座を持っていればスムーズにビットコインで決済が行えるのも◎。

ぜひ、ビットフライヤーのアカウントを作成して、独自のサービスを利用してみてくださいね!