ビットコインの手数料は何にいくらかかる?
取引所ごとの比較表も掲載

手数料が格安もしくは無料!というのがウリのひとつであるビットコイン。

銀行だと数千円がかかってしまう海外への送金も格安でできるのは、大きなメリットですよね。

でも、気になるのはその金額ではないでしょうか。
格安って、具体的にどれくらいなの?
何に手数料がかかるの?

と、疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。

実は、ビットコインにかかる手数料は取引所によって異なるんです。

ここでは、大手取引所2社で「どの取引にいくら手数料がかかるのか」を比較。
ご自身のビットコインの使い方に合わせた最適な取引所を選べます

ぜひご参考いただき、手数料で損をしないようにしてくださいね。

注目すべき手数料は「現物取引」と「ビットコインFX」!

ビットコインが関係する取引には、様々な種類があります。
主な取引は、以下の通り。

取引所の口座開設
→ビットコインを売買するための口座を設置すること。

入出金
→銀行と取引所での日本円のやりとりのこと。

ビットコイン預入/払出
→ビットコインを取引所に預けたり出したりすること。
国内外へのビットコインの送金。

ビットコイン現物取引
→ビットコインを売買すること。
取引所と販売所の2カ所で行える。
取引所は、ビットコイン保持者同士が売買をするところで、販売所販売元(取引所)から直接買うところ。

ビットコインFX
→ビットコインを使った投資方法のひとつ。詳しくは「ビットコインFXとは」へ。

これらの取引にかかる手数料を、大手取引所の「ビットフライヤー」と「ザイフ」を比べながら見てきましょう。

分かりやすく、表にまとめてみました。

ビットフライヤー ザイフ 備考
取引所の口座開設 0円 0円
入金 銀行手数料による 銀行手数料による
出金 最大756円 最大756円
ビットコイン預入 0円 0円
ビットコイン払出 0.0004BTC 0.0001BTC
ビットコイン現物取引(取引所) 0.01%~0.15% -0.05%~-0.01% -(マイナス)は、その分を払うのではなくもらえるということ
ビットコイン現物取引(販売所) 0円 0円
ビットコインFX内容 0円 実質0.039%

※金利(取引を開始してから購入までにかかる手数料)…ビットフライヤーが0.04%、ザイフが0.039%


上記の表から、取引所によって手数料が異なる取引は

ビットコイン払出
取引所でのビットコイン現物取引
ビットコインFX

の3つであることが分かりますね。

できるだけ手数料を抑えたい!どの取引所がよい?

今回比べている2社で

ビットコイン払出
取引所でのビットコイン現物取引
ビットコインFX

の手数料を見てみると…

ビットフライヤー

→ビットコインFXにかかる手数料が0円(ザイフとの差は0.039%)

ザイフ

→取引所でのビットコイン現物取引がマイナス金利(=ビットコインがもらえる)  ビットコイン払出の手数料がビットフライヤーより0.0003BTC安い

ということが分かります。
つまり、

頻繁にビットコインFXで投資をする方はビットフライヤー
それ以外の方はザイフ

を使うのが、手数料を抑えるベストな方法だと言えるでしょう。

特にザイフなら、取引所でのビットコイン現物取引をする場合、つまりビットコイン保有者同士での売買をしたいという場合には、手数料がかからないどころか、反対にビットコインをもらえるという特典つき。

使わない手はないですね。

手数料が格安・無料のビットコインは取引所次第でもっとお得に!

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
ビットコインを使うにあたって必要な手数料や、どの取引所を使えばより安く抑えられるのかをご紹介してきました。

今回ご紹介した2社は、ビットコインの取引量も多く、初めての方でも使いやすい取引所です。

ご自分のビットコイン運用スタイルに合わせて選らんでくださいね。

当サイトのトップページでは、ご紹介したビットフライヤーとザイフのより詳しい情報や、ビットコインで投資をするにあたって知っておきたい知識などをご紹介しています。

仮想通貨で儲けるコツが簡単に分かるので、ぜひご覧ください!