【イラスト付き】仮想通貨ってどんな仕組み?
分かりやすく解説します

【イラスト付き】仮想通貨ってどんな仕組み?分かりやすく解説します

ニュースやCMで、良く見かけるようになった仮想通貨。
どんな仕組みなのか、気になっている方もいると思います。

簡単に言えば皆で取引の記録を共有し、取引の正しさを確認する仕組みのこと。
銀行や国のような管理者がいないので、手数料が安くなったり、取引がスムーズになると期待されているんです。

この仕組みを実現するために、仮想通貨には次の3つの特徴があります。

ブロックチェーン
→取引を保管する場所のこと
P2P(ピアトゥピア)
→皆で管理し合う方法のこと
マイニング
→取引のサポートをする役割のこと

聞き馴染みのない言葉だらけで、ビックリしてしまうかもしれませんが…。
イラスト付きで分かりやすく解説しているので、大丈夫ですよ。

さっそく3つの特徴を確認していきましょう!

取引情報を保管する、新しい技術ブロックチェーン

ブロックチェーンを分かりやすく言うと、取引の記録(履歴)を保管する場所のこと。

例えばスーパーで買物をしたときは、下の図のようにレジに記録が残りますね。

新しい技術ブロックチェーン!

仮想通貨の場合はブロックと呼ばれる、システム上の箱の中に取引記録が残ります。
箱の中には複数の取引が記録でき、いっぱいになったら新しい箱が自然とできる仕組みなんですよ。

新しい技術ブロックチェーン!2

そして箱に記録された取引情報は、下の図のように繋がっていきます。

新しい技術ブロックチェーン!3

箱に入った取引情報が鎖のように結びついていることから、ブロックチェーンと呼ばれているんです。

今までの取引・これからの取引…すべての取引記録が特殊な暗号で繋がっているので、

新しい技術ブロックチェーン!3

このようにハッキングをしても、前後の取引記録とつじつまが合わなくなり、すぐに不正がバレてしまいます。
それに1つの情報を改ざんするには、今までの情報をすべて改ざんしないといけないので、実質不正ができない仕組みなんです。

仮想通貨が安全・安心と言われているのも、ブロックチェーン技術があるからなんですね。

またブロックチェーンに保管されている取引の記録は、誰でもいつでも見ることができます。

このような管理方法のことをP2P(ピアトゥピア)と言い、仮想通貨の仕組みを知るためには欠かせません。
続いてP2Pを確認していきましょう!

金融機関や管理者が不要?ユーザー同士で管理し合うP2P方式

ブロックチェーンを分かりやすく言うと、取引の記録(履歴)を保管する場所のこと。

ユーザー同士で管理し合うP2P方式

仮想通貨には銀行や国といった、特定の管理者がいるわけではありません。
仮想通貨のネットワークに参加している、ユーザー同士の支えで成り立っています。

ブロックチェーンはネットワークに参加している全員のコンピュータに保存されていて、もし一箇所で消えてしまっても、すぐ復元できるようになっているんですよ。

新しい技術ブロックチェーン!2

このように、もしものときもお互いにフォローし合える仕組みがあるので、特定の管理者がいなくても大丈夫なんです。

ブロックチェーンの取引データが消える=ネットワーク参加者全員のコンピュータが消える

ということなので、現実的に考えて仮想通貨の仕組みがなくなることはありません。

またP2P方式では管理サーバーなどにアクセスせず、ユーザー同士で直接やりとりできます。
銀行などの第三者を挟まないため手数料が低くなったり、手続き時間が短くなったり、メリットが多くあるんですよ。

仮想通貨ではP2Pに参加して取引をサポートすることを、マイニングと呼んでいます。
さっそくマイニングの内容を確認していきましょう!

仮想通貨の取引をサポートするマイニングで報酬が貰える!

マイニングとは仮想通貨のネットワークに参加して、取引をサポートすること。

マイニング1

ブロックチェーンに記録されている取引データが、正しいかどうかを判断する役目なんです。

コンピュータを使って複雑な計算をし、いち早く取引の正しさを見つけた人には、報酬として仮想通貨が渡されます

マイニング2

今までの金融取引では銀行やクレジットカード会社が、取引の正しさを証明してくれていましたね。

ですが仮想通貨はユーザーがコンピュータを使い、取引の正しさを証明するんです。
そして頑張った報酬として仮想通貨が渡されるので、マイニングに参入する方は跡を絶ちません。

マイニングは1人でもできますし、複数人でも行えいます。
最近はマイニング企業と呼ばれる会社が、大規模な工場を作ってマイニングしています。

報酬を得るためにはどれだけ早く計算できるかが勝負なので、ますます大規模になっていくと言われていますよ。

大企業も注目している仮想通貨の仕組み いち早く情報を集めるのがおすすめ!

最後までありがとうございました。

仮想通貨の仕組みをお伝えしましたが、いかがでしたか。

仮想通貨の取引では銀行や国といった管理者が間にはいらないので、手数料がかからずにスムーズな取引が実現できると期待されています。

日常生活を変える大きなきっかけであり、Google・Apple・Amazon・Microsoftといった有名企業も仮想通貨事業に参入しています。

日本でもそう遠くないうちに、仮想通貨を使ったやりとりが当たり前になる時代がやってくるでしょう。

この流れに取り残されないうちに、今から仮想通貨の知識を深めませんか?

当サイトでは仮想通貨の基礎知識に始まり、長期保有すべきおすすめ銘柄・仮想通貨の買い時や売り時・最新情報を会員限定でご紹介しています。

監修者は仮想通貨スクールの講師であり、ICO:MARK.SPACE JAPANの取締役兼、日本マーケティングアドバイザーの原田健太郎氏。

仮想通貨のトレーダーとしても5年以上の経験をつみ上げてきた原田氏とともに、信頼性の高い確かな情報を提供し続けます。

もっと豊かに暮らせる日々への一歩を、今こそ踏み出しましょう。
情報を知るだけでもきっと、あなたの財産になりますよ。

 新規会員登録 

おすすめ銘柄10選や非公開情報をお届け!
クリプトソラウドの無料会員はこちらから。