仮想通貨のウォレットとは?
種類別にメリット・デメリットを紹介

仮想通貨のウォレットとは?種類別にメリット・デメリットを紹介

仮想通貨の取引をしたい方や、最近始めたという方の中には、

ブログや取引所のチャットなどで「ウォレット」という言葉を知り、気になっている人もいるかもしれませんね。

ウォレットとは日本語でお財布を意味するもので、所有する仮想通貨を保管する場所です。

そんな仮想通貨のウォレットは、大きく分けて

・ウェブウォレット
・ソフトウェアウォレット
・ペーパーウォレット
・ハードウェアウォレット

4種類が存在。

種類により安全性や利便性が異なるので、どれを選ぶかは使用する方によって変わるんです。

「えっ?4種類のウォレット…?」
「安全性や利便性に差がある?」
「自分に適したウォレットって…」

こんな疑問に応えるため、このページではウォレットの種類について詳しく説明していきます。

ウォレットはあなたの仮想通貨をハッカーなどによる被害から守ってくれるものなので、ぜひお読みください。

仮想通貨を保管するウォレットの種類

仮想通貨で利用するウォレットには大きく分けて4種類存在します。

基本的にどのウォレットも、あなたの所有する仮想通貨を保管することが目的ですが、種類によって安全性や利便性は大きく異なります。

また、ウォレットごとに保管できる通貨は異なり、1つのウォレットですべての仮想通貨を保管することはできません

さらに、まとめて管理することは【秘密キーの紛失】や【ハッカーなどによる被害】のおそれがあるので、あなたも将来的に複数の種類のウォレットをもつことになるでしょう。

私は4種類すべてのウォレットを持っていますが、日常的に使うのは1~2つですし、複雑なものではないので安心してください。

この先、4種類のウォレットの【安全性】【利便性】を紹介していきますね。

ウェブウォレットとは

【ウェブウォレット】は、オンラインウォレットとも呼ばれています。

仮想通貨の取引所がこれに該当するので、取引をするユーザーが全員もつウォレットです。

取引所で購入した仮想通貨は、まずこのウォレットに保管されます。

ウェブウォレットのデメリット

今回紹介する4種のウォレットの中では、もっとも安全性の低いウォレットです。

購入した仮想通貨をそのまま保管することもできますが、ネット上で管理することはハッカーの危険にさらされることになり、大金を置いておくのはリスクがあるといえます。

たとえばハッカーが取引所のセキュリティを破れば不正送金される可能性がありますし、取引所が閉鎖すれば所持した通貨が手元に戻りません。

ハッキングを阻止するために、二段階認証を促していますが必ず防げるという保障はありません。

ウェブウォレットのメリット

ウェブウォレットは、取引を行う誰もがもつウォレットとお伝えしましたね。

つまり、取引をすぐに行える場所に所有する仮想通貨を保管しているので、売買がいつでもできるというメリットがあります。

ネット環境さえあれば携帯やPCだけではなく複数のデバイスで利用でき、暴騰には売却・暴落時には購入がすぐに行えるので、機会損失のないウォレットといえます。

ウェブウォレットのまとめ

所有する仮想通貨の一部・取引を行う量のみを保管するには最適です。

短期での投資を考えている・デイトレしたいという方は、このウォレットを中心に利用することになります。

しかしハッキング被害や取引所の閉鎖を想定すれば、大金を預けておくのはリスキーと言えます。

最近では、「億り人(1億円稼いだ人)」「自由億(じゅうおくえん稼いだ人)」という言葉を目にしますが、その中ですべてを取引所のウォレットに保管している人は、まずいないでしょう。

その点で考えると、取引所選びも大切!

おすすめの取引所は、国内大手のビットフライヤーです。

2017年にはアメリカ、2018年1月にはヨーロッパへ進出しています。

ソフトウェアウォレットとは

【ソフトウェアウォレット】は、ソフトウェアをデバイスにインストールするタイプのウォレットです。

デスクトップウォレットやモバイルウォレットも、ソフトウェアウォレットと呼べます。

「デスクトップウォレットとモバイルウォレットは別物!」という方もいるかもしれませんが、各デバイスにソフトウェアをインストールするという意味でまとめています。

パソコンのデスクトップで保管したり、モバイルでアプリをインストールして利用するウォレットです。

ソフトウェアウォレットのデメリット

ウェブウォレットに次いで安全性の弱いウォレットといえます。

先ほどお伝えしたとおり、ソフトウェアウォレットはインストールして使用するタイプなので、インストールしたデバイスでしか利用できません。

利用しているパソコンやスマホが壊れてしまうと、使えなくなってしまうということです。

とはいえ、バックアップがあれば復元できるので安心してください。

機種変更の際にも必要なので、バックアップに必要な情報はしっかり別デバイスなどに残しておきましょう。

また、デバイスがウイルス感染した場合、不正送金されてしまう可能性もあるので、安全性を考えると日常的にネットに接続しない(オフラインの)デバイスを選びたいです。

デスクトップウォレットの場合には、過去のデータをダウンロードするまで数日掛かりますので、ウォレットとしてのみ利用したい(=マイニングをしない)場合には、簡易版を選びましょう。

ソフトウェアウォレットのメリット

ネット環境にあるならばハッキング被害はウェブウォレットと差がありませんが、自分で管理するものなので、取引所が閉鎖しても所有する仮想通貨がなくなることはありません

マイニングをしたいという場合には、専用のソフトウェアをダウンロードすればできます。

ただし情報量が膨大ですしマイニングはパソコンの性能次第と言えるので、一概に必ずしもメリットになるとは言えませんので、マイニングをしたい場合には専用のパソコンの購入を検討しましょう。

ソフトウェアウォレットのまとめ

ソフトウェアウォレットは、取引所の閉鎖などによる影響がありません!

常にネット環境にあるわけではないので、ウェブウォレットよりは安全性が高いといえます。

しかし、デバイスの故障やウイルス感染などを含め、管理はすべて自分で行わなければなりません。

万一のため、バックアップに必要な情報は必ず押さえておいてください!

ペーパーウォレットとは

【ペーパーウォレット】を直訳すると「紙のお財布」です。

その名の通りネット環境で管理するのではなく、ログインに必要なアドレスと秘密鍵を紙で保管するオフライン型のウォレットです。

ペーパーウォレットのデメリット

デメリットは1つ!

保管場所を忘れたり、紙を盗まれたり、燃えたり…
物理的になくなった場合には、復元できません!

ネット上でも、「紙が無くなったけど、どうすればいいの?」という話題を見ますが、そうなってしまうと諦めるしかないんです

また、紙に印字するものなので、紙やインクの劣化によりアドレスと秘密鍵が分からなくなってしまった場合も同様なので、ペーパーウォレットを利用する場合には複数保管するようにしましょう。

ペーパーウォレットのメリット

ネット環境で保管するものではないので、ハッキングされることはまずありません!

当然、ネット環境にそのデータを保存してしまえばハッキングの可能性はありますが、ネット環境にデータを置いてはペーパーウォレットを利用する意味がありませんので、パソコン内の保存は避けましょう。

物理的にその紙がしっかり保管されていれば、鉄壁の安全性です。

また、売買するまでに手間が掛かるというのもメリット
手間が掛かると聞くと、デメリットのような気がする方も多いと思いますが、
ウェブウォレットとのように簡単に取引が出来てしまうと、チャットなどの影響を受けて感情的に売買してしまうこともあります。
仮想通貨の取引を始めたばかりの方は「暴落が始まるぞ~」という言葉に反応しやすいですし…

ペーパーウォレットでしたら、すぐに売買が出来ないので冷静になる時間があり、感情に左右されずに済むんです。

自分の気持ちによってすぐに売り買いできないガチホ(長い間保有すること)環境を作れるというのも、ペーパーウォレットのメリット

ペーパーウォレットのまとめ

物理的に紙が無くならなければ最強のウォレットですが、保管方法に問題があった場合には復元不可能という一長一短のあるウォレットです

メリットとデメリットをよく理解した上で利用しましょう。

ハードウェアウォレットとは

【ハードウォレット】とは、USBのような外付けの機器で、ネット接続をせずに仮想通貨を保管できます。

メジャーなハードウォレットには、Ledger(レジャー)TREZOR(トレザー)が挙げられ、ペーパーウォレット同様にセキュリティの高いウォレットです。

ハードウェアウォレットのデメリット

デメリットは、ハードウェアウォレット自体の購入費用が掛かること。

ハードウォレットのLedgerやTREZORは、型によっても金額は変わりますが1万円~3万円前後です。

「保管するのにお金が掛かるのか…」

という声もありますが、数千万円~数億円の仮想通貨を保管するのであれば3万円は高くないと感じます。

逆に、数万円程度の保管であればハードウォレットは必要ありません。

また、機器が壊れたり紛失した際には、再度購入する費用が掛かります。

秘密キーさえあれば復元できるので、大切に保管しておきましょう。

ハードウェアウォレットのメリット

ネットに接続しないため、ペーパーウォレット同様にハッキングによる心配はありません!

機器が故障したとしても、新たな機器に復元に必要な情報を入力すればリカバリーできるので、ペーパーウォレットよりも管理状況の影響は受けにくいですね。

また、パソコンに接続して使うものですが、そのデバイスがウイルスなどに感染しても問題を受けません!

ハードウェアウォレットの暗証番号がわからないと送金できないので、仮に中身を見られたとしても安全です。

ハードウェアウォレットのまとめ

ウォレット自体の安全性はペーパーウォレットと変わりませんが、紛失などのリスクを合わせて考えるとハードウェアウォレットが最強です。

費用が掛かるため、数万円の管理で利用する必要はありません。

大金をウェブウォレットに置いておきたくない、自分の管理に不安を感じている方はハードウェアウォレットで間違いありません!

ウォレットについてのまとめ

ここまで各ウォレットの安全性・利便性を紹介してきましたが、

「なんだか難しいな…」

と思われた方もいるかもしれませんね。

ですが、あなたの大切なお金を安全に守れる状態でなければ、投資・投機を安心して行えませんので、仮想通貨取引には重要なものなんです。

最初は無料の取引所にあるウェブウォレットから始め、資産が増えてきた時や投資額を増やす際には複数用意してみてください。

ウェブウォレットの中でおすすめなのが、安全性の高いビットフライヤー
その理由を詳しくご紹介しますね。

ビットフライヤーのウェブウォレットがおすすめの理由

2018年1月現在、国内で有名と言われる取引所はビットフライヤー・コインチェック・ザイフです。

国内の取引所は、海外の販売所と比べると取引手数料が高いというデメリットがありますが、海外の販売所で仮想通貨取引を行うためには、円をビットコインやイーサリアムなどに替えて送付する必要があります。

つまり、国内の販売所で、ビットコインなどを購入しなければなりません。

では、国内で安全といえる取引所はどこなのか?

現状では、ビットフライヤーがもっとも安全だといえます。

その理由は、【海外に進出していること】【不正出金の補償があること】です。

海外に進出 評価を受けている

ビットフライヤーは2017年にはアメリカ、2018年1月にはヨーロッパへ進出している取引所です。

つまり国内だけでなく、海外の審査を通過した取引所であるということ。

資本はもちろんセキュリティ・技術的なものなど、海外が定める条件を満たしている国内唯一の取引所です。

不正ログインによる損失の補償が付いている

取引所では、所有するアカウントに不正にログインされ、出金された場合の補償が設けられているところがあります。

・ビットフライヤー(最大500万円)
・コインチェック(最大100万円を検討中)※2018年1月現在
・ザイフ(補償なし)

これを見ると一目瞭然で、補償だけで考えるとビットフライヤーを選ばない理由がありません

私も3つすべての取引所にアカウントを持っていますが、最初に登録すべきは補償のあるビットフライヤーが安心です。

ビットフライヤーの口座を開設する方に向けて、別ページでその方法を紹介していますので登録までの流れを詳しく知りたいという方は参考にしてください。

最後に ウォレットの資産を増やすには?

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

ウォレットという聞き慣れない言葉に困惑した方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたの大切な資産を守るために必要なものでしたね。

仮想通貨は知れば知るほど疑問が増え、誰の言葉を信用すればいいのか…、
わからないことが多く大変だと思います。

そんな悩みを解決するため当サイト(クリプトソラウド)では、
これから仮想通貨をはじめようとする方、どの通貨を買えばいいの?とお悩みの方に、長期保有にオススメの銘柄を紹介しています。

また、情報が交錯するからこそ、直接会って話ができる仮想通貨の勉強会を開催しています

 新規会員登録 

仮想通貨の取引をしたい・ICOで稼ぎたいという方の
会員登録をお待ちしています。