ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは?
わかりやすくご紹介!

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは?わかりやすくご紹介!

仮想通貨の話になると、よく耳にするときもあるICO。
昨今の仮想通貨ブームもあり、気になっている方もいらっしゃると思います。

ICOを簡単にご説明すると、仮想通貨を使った資金調達のこと。

企業やプロダクトチームが独自のトークン(仮想通貨)を開発し、投資家(買いたい人)から購入してもらう仕組みをICOと呼んでいるんです。

クラウドファンディングや新規株式公開と似ているかもしれませんね。

企業からすると、手早く簡単に開発資金を得られるメリットが。
投資家からすると上場前のトークンを入手でき、上場後のキャピタルゲイン(売買差益)を期待できるメリットがあるんですよ。

双方にとっていい話しですが、最近は開発に失敗するICOICO詐欺といった事件が増えています。
それに1000種類以上ものICOがあるので、見極めはとても重要。

失敗しないためにも、ICOについて確認していきましょう!

ICOで発行されるトークン(仮想通貨)とは?

資金調達をしたい企業やプロダクトチームが、独自のトークンを開発・販売して、まとまったお金を集める手段であるICO。
では販売される独自のトークンとは、どういったものなのでしょうか?

ほとんどのトークンは、企業やプロダクトチームが提供する、サービス内で利用されることを前提にしています。

例えば飲食店がICOをすると、そのお店で支払ができるトークンになるでしょう。
その他にも、トークンをたくさん持っている人には、割引特典がつくかもしれません。

ゲーム会社でしたらゲーム内のアイテムを購入できたり、ゲーム内の通貨をトークンに替えるリアルマネートレードができたり、サービスの可能性が大きく広がるでしょう。

このようにICOのトークンは、購入者にとっての利益がついています。

ICOで重要なのは、発行されるトークンがどんな目的なのかということ

ホワイトペーパーというトークンの利点や特徴をまとめたPR文章があるので、必ず確認するようにしましょう。

ICOの特徴やメリットとは?

企業にとって、迅速かつ簡単に資金集めができるICO。
投資家にとっては、企業が提供するサービスをよりよく利用できる特典がありましたね。

ですが他にも、企業・投資家にとってメリットが多いんです!
これからさらに詳しく、それぞれのメリットをご紹介していきます。

企業・プロダクトチームのメリット

迅速かつ簡単に資金集めができる
個人や中小のベンチャー企業でも発行できる
ICO保有者に配当を払ったり、支配権を渡さなくていい
利息を払う必要がない
世界に向けてICOの価値を訴えることができる

企業やプロダクトチームにとって一番のメリットは、資金集めのしやすさ
銀行の審査を通したり、株式発行の条件をクリアしたり、ハードルが高い手順を踏まずに世界中から資金を調達できます。

またICO購入者に配当や支配権といった権利が渡りませんし、事業の将来的価値を具体的に提示する義務はなく、自由が利きやすい特徴もあるんですよ。

ICOの歴史はまだ浅いですが、さまざまなジャンルで普及しつつあります。
株式公開・クラウドファンディングに次いで、次世代の資金調達方法になることでしょう。

投資家のメリット

企業・プロダクトチームが提供するサービスをよい条件で利用できる
ICOが成功したとき、トークンの価値が跳ね上がる可能性がある
種類によっては少額(500円ほど)から参入できる
トークンの購入も売却も、ネット上で完結する
世界中のプロジェクトに手間なく参加できる

企業やプロダクトチームが提供するサービスの特典が受けられるのはもちろん。
ICOが成功したときの、キャピタルゲインこそ投資家にとって一番のメリットでしょう。

購入したトークンが世界的に人気となれば、取引所に上場されて購入した金額の何倍・何十倍以上もの価値がつくことも。

「1000円で買ったら、50万円で売れた!」
「買ったまま放置してたら、上場されて凄い金額になった!」

といった話があるのもうなずけますね。

トークンの購入はインターネット上で手軽にでき、数百円・数千円程度からはじめられるICOも多いです。
その代わりICO詐欺といった事件も増えていて、ICOの見極めはとても大切。

当サイトでは会員様限定で、プロトレーダーによる仮想通貨に関する情報をメルマガ配信しています。
無料登録すると投資にオススメの仮想通貨10選が見れるようになるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Mail Magazine

プロトレーダーが厳選した、最新情報をGET!
1分でできる無料会員登録はこちら

これから先、ICOはどうなっていくのか?

ICOの考え方や仮想通貨の技術は新しいもの。
まだICOにおける法制度・規則などは確立されていません。

投資家にとっては、常にリスクが隣り合わせといえるでしょう。

ですがアメリカでは許可のないICOを認めない動きになったり、中国・韓国では新規のICOを禁止したり、各国が法規制を整えているのは事実。

ではこれからICOは、縮小されていくのでしょうか?

結論からお伝えすれば、ICOは今後ますます拡大していく と考えられています。

仮想通貨の技術は、インターネット誕生に匹敵するIT革命と言われており、私たちの生活を根本から大きく変えていくもの。
安心して投資できる仕組みや、ICO詐欺をさせない法整備がされていくことでしょう。

その上でICOを見極めることがもっとも重要になってきます。

インターネットだけではわからない、プロトレーダーの人脈があってこそ知れる生きた情報を、クリプトソラウドではお届けしています。

誰よりも早く最新情報を掴むことが、ICOで成功する秘訣。
ぜひあなたも、仮想通貨で生活を豊かにするために、一歩を踏み出してみてくださいね。

 新規会員登録 

プロトレーダーが厳選した、最新情報をGET!
メールアドレスだけで無料会員登録