仮想通貨を送金するには?
受け取り方も合わせてご紹介します!

仮想通貨を送金するには?受け取り方も合わせてご紹介します!

現金とは違い、まだ日常生活で使う機会の少ない仮想通貨。
もしかすると、

「どうやって送ればいいの?」
「送金って安全にできる?」
「手数料ってかかるのかな?」

このようなお気持ちを抱えていらっしゃるかもしれません。

たしかに使い慣れていないと、ちゃんと送れるのか不安になってしまいますよね。
間違えて送金しないか、手数料がかかるのか気になるポイントだと思います。

ですが送金ステップは簡単で、覚えやすい仮想通貨。
はじめての方でも安全に、確実に仮想通貨を送金できますよ!

これから仮想通貨の送り方・受け取り方と一緒に、安全な送金方法や手数料が抑えられる取引所もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

仮想通貨を送りたい!送金方法を確認しよう

仮想通貨の送金はとても簡単です。

送りたい相手(お店やユーザーなど)の、アドレスを取得する

アドレスを入力して、送りたい仮想通貨を送金する

基本的にはたったこれだけ。
これならそれほど難しくはありませんね。

ここで注目していただきたいのはアドレス。
仮想通貨のやりとりは、アドレスがなければできません。

アドレスはウォレット(口座)をつくるときに、一人ひとり専用のものが割り振られます。
ランダムに配列された20桁以上の英数字なので、誤入力をしないためにもコピーして張り付けるのが◎

まだアドレスを持っていない方は、仮想通貨のウォレットをつくってみてくださいね。

これから日本の最大手である取引所ビットフライヤーを例に、送金方法を確認していきましょう!

仮想通貨を送金するまでの流れ

ビットフライヤーでは次のように、ラベルとアドレスを入力する欄が入出金のタブにあります。
今回はビットコインを送ってみますね。

ラベルには自分がどんな仮想通貨を送るのか、分かるようにします。
例)BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)など

アドレスには、送り先の英数字を入れてください。

このようにラベルとアドレスが入力できたら準備OK。

あとは下の画像にあるとおり、どのくらいビットコインを送るのかを選びましょう。

送付数量には、自分が送りたいビットコインの枚数を入力します。
今回は0.01BTC。
送付には手数料がかかるので注意してくださいね。

どれだけ早く送金するのかを優先度で選べます。
普通・やや高い・高い・最高の4段階に分かれていますが、よほど急ぎでない限り普通でいいでしょう。

どちらの日本円参考総額も自動ででてきますよ。

ここまで入力したら、あとは「外部アドレスに送付する」を選ぶだけ。
とても簡単に仮想通貨は送金できます。

またデータとしてしっかり送金記録は残るので心配はいりません。

ビットフライヤーを例に、ビットコインの送金方法をご紹介しました。
基本的には他の仮想通貨や取引所でも、同じ工程です。

まだウォレットを持っていない、取引所に登録していない…。
そんな方は↓の記事をご参考くださいね。

仮想通貨を安全に送金する2つのポイントとは?

仮想通貨が簡単に送れるのは分かったけど…
もし間違えたら、返金とかしてもらえるの?

こんな疑問がある方もいらっしゃると思います。

残念ながら仮想通貨は、送金ミスをしたらそれまで。
返金の義務はないので、送金には細心の注意を払いましょう。

送金ミスをしないために、気をつけていただきたいのは次の2点。

☑アドレスはコピーして貼り付けたあと、目視で確認する
☑少額を送金し、安全が確認できたらまとまった仮想通貨を送る

たったこれだけで、送金ミスは格段に減らせます。

最近は仮想通貨の初心者を狙ったフィッシングサイトや詐欺も増えているので、どれだけ自分自身でセキュリティの意識を高くもてるかが重要。

慣れるまでは手間かもしれませんが、しっかり確認してから送金してくださいね。

手数料が安い取引所は?オススメは国内取引所のザイフ(Zaif)!

仮想通貨の送金には手数料がかかります。
取引所によって手数料はまちまちですが、なかには数千円とられるところも。

せっかくキャピタルゲイン(売買差額)を得たのに、手数料で減ってしまった…そんなことになってはもったいないですよね。

国内の大手取引所の中で、特にオススメなのがザイフ。
手数料は送金額によっても変わりますが、ザイフなら数百円程度と格安です。

それにザイフではビットコインを購入すると、マイナス手数料として数百円分のビットコインが貰えます
手数料を抑えつつ、ビットコインを増やしたい方にはうってつけですね。

仮想通貨を受け取りたい!アドレスを相手に教えよう

仮想通貨を受け取るには、自分のアドレスを相手に教える必要があります。
「アドレスって教えても平気なの?」と、心配する方がいるかもしれませんが大丈夫。

アドレスから個人情報などがバレることはありません
インターネット上で公表している人がいるのも納得ですね。

ですが仮想通貨の取引はすべて、インターネット上で確認できます。
そのためどのアドレスがどのくらいの仮想通貨を持っているのか、誰でも分かってしまうんですよ。

もしハッカーに「◯△□のアドレスは、たくさん仮想通貨持っているな…」と目をつけられたら、それだけでリスクが高くなりますよね。

だからこそ、自動で変わるセキュリティを施しているアドレスが◎
アドレスが自動で変わることで、プライバシーがより強固に守れます

もちろんアドレスが自動で変わっても、預けている仮想通貨は消えませんよ。

また1つのアドレスですべての仮想通貨を管理するのはリスクが高いので、複数のウォレットをつくって管理するのがベスト

アドレスの自動変更セキュリティがあるウォレットなら「Blockchain.info」
複数つくるなら補償サービスを導入している、「ビットフライヤー(bitFlyer)」がおすすめです。

仮想通貨をはじめたばかりの皆さまへ

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
仮想通貨の送り方・受け取り方を中心にご紹介しましたがいかがでしたか?

使い慣れていないとどうしても不安かもしれませんが、ビックリするほど簡単に仮想通貨は送金できます
最近はQRコードになっているアドレスもあり、送る・受け取るといった手間はもっと減っていくことでしょう。

ここまで読まれた方の中に、

「どうやって送金するのか、実際に見てみたい」
「安心して送金できるウォレットを知りたい!」

と思う方がいらっしゃいましたら、一度クリプトソラウドに足を運んでみませんか?

クリプトソラウドでは無料勉強会を開催しています。
講師はスクール運営やICO:MARK.SPACE(マークスペース)日本マーケティングアドバイザーを務める原田健太郎氏

仮想通貨の送金方法が分からなくても、勉強会ではPCを使って実演します。
ウォレットをつくりたい方には、講師オススメのウォレットを紹介した上で、一緒につくっていきますよ。

どんな質問も受け付けていますので、仮想通貨の不安や悩みは勉強会で解消しましょう!

勉強会では仮想通貨の成り立ちにはじまり、購入方法・運用方法・価格上昇が見込める仮想通貨など、ネットだけでは分からない最新の情報をお届けします。

仮想通貨の流れに乗るなら、はじめの一歩こそ肝心。
勉強会であなたにお会いできるときを、楽しみにしています。

 新規会員登録 

無料会員登録で有力情報を受け取る
オススメの取引所から
送金の仕方までお伝えします!