仮想通貨を安全に取引する方法
被害を受けない3つの条件とは

仮想通貨を安全に取引する方法被害を受けない3つの条件とは

「コインチェックがハッキング被害にあったし…」
「海外の取引所もなんだか不安だな…」
「安全に仮想取引をするにはどうしたらいいの?」

仮想通貨の取引を始めようとお考えの方の中には、こんな不安があるかもしれませんね。

コインチェックで起きた不正送金による被害は過去最大の580億円ですが、それ以前にも海外の取引所や個人のウォレットが被害を受けた例は多数あります。

ハッキングされた原因は明確で、セキュリティが甘かったことに問題があります!

そんな状態で安心して取引するなんてできませんよね…。

そこで、【安全に仮想通貨取引をするための3つの条件】をまとめました。

実は、安全性を確保するのはとても簡単!
怠らなければ誰でも出来る方法なので、ぜひ取引を始める前にお読みください。

仮想通貨は安全なウォレットで保管する

安全に仮想通貨取引をするための条件を、優先順位の高い順で紹介していきます。

仮想通貨は安全なウォレットで保管する

セキュリティが甘かったことが原因で、ハッキング被害が多数あったことをお伝えしました。

中には、

「ちゃんとウォレットで保管していたのに…」

という方もいるかもしれませんが、ウォレットによって安全性は大きく異なるんです。

購入した通貨は、まず取引所のウェブウォレットで保管されます。

このウェブウォレットは常にインターネットに接続しているので、取引所によりますがセキュリティが高いとはいえない状態です。

すぐに売買する予定がないのであれば、ご自身で用意したウォレットに移動させましょう。

理想はインターネットに接続していないオフラインのウォレットです。

オフラインであれば、ハッカー被害や取引所の閉鎖であなたの通貨が失われることはないので安心して取引ができますよ。

ウォレットに関しては、仮想通貨のウォレットページをご確認ください。

セキュリティが高い販売所・取引所を選ぶ

購入した仮想通貨は、各販売所のウェブウォレットに一度保管されます。

デイトレードを中心に行う方は販売所のウェブウォレットに置いたままにしますが、中長期的に資産として保有する場合には、安全性の高いウォレットに移動させましょう。

「でも、購入から移動までの間にハッカーにアタックされたら…」

そんな心配もあるかもしれませんね。

そのリスクを軽減するためには、管理体制・セキュリティは高い取引所を選びましょう。

たとえば、コインチェックで580億円もの不正送金されてしまった原因は、以下の2点です。

・常にインターネットに接続しているウォレットで管理していた
・1つのウォレットだけで管理していた(分散されていなかった)

もしオフラインで管理していたのであれば、ハッキングされることはなかったでしょう。

また、複数のウォレットに分けて管理していれば、これほど大きな被害にはならなかったはずです。

安全性が高かったとは言えない実情です…。

それではセキュリティの高い国内の販売所はどこなのでしょうか?

仮想通貨交換業の許可を得ている販売所

仮想通貨はマネーロンダリングやテロの資金として悪用される可能性もあり、金融庁では仮想通貨交換業を許可する条件の1つに、

【サイバー攻撃の危険から守るセキュリティ基準を満たしていること】という基準が設けられています。

セキュリティが低い=あなたの財産を安全に守れないということなんで、仮想通貨交換業の許可を受けている販売所から選びましょう!

コインチェックは許可が下りておらず、みなし業者として営業していました

仮想通貨交換業の許可がおりていて安全性が高い販売所

2017年12月末時点では16業者が許可されていますが、その中でビットフライヤーがもっとも安全な取引所だと感じています。

その理由は、

海外に進出できるだけの技術があること
ビットフライヤーはアメリカやヨーロッパでも仮想通貨取引所を運営しています。
つまり国内だけでなく、海外のセキュリティ基準を満たす技術があるということです。

国内で唯一、補償が付いていること
国内で16ある取引所の中で、唯一不正送金に対する補償が付いています。
その補償額も500万円と、それなりに安心できる額といえるしょう。

以上の理由で、国内でもっとも安全と言えるのはビットフライヤーです。

二段階認証を必ず設定する

国内の取引所でアカウントを作る際には、必要以上に目に付く二段階認証。

それでも設定し忘れて、

「購入した仮想通貨が不正送金されてしまった…」

そんな話をインターネットの掲示板で見かけます。

二段階認証をすれば絶対に被害に遭わないというわけではありませんが、大切な資産を守るためにセキュリティを高められるので必ず設定しましょう!

安全は絶対条件 その上で利益を出す方法とは

資産を安全に仮想通貨取引する3つの条件を紹介してきましたが、

仮想通貨取引をする方の目的は、安全を前提に利益を出すことだと思います。

ですが、すでに数千ある通貨・2018年だけでも1000を超えるICO案件の中から、それを選び抜くのは簡単ではありません。

当サイト(クリプトソラウド)では仮想通貨勉強会の講師も務める、
MARK.SPACE JAPAN 取締役兼、MARK.SPACE 日本マーケティングアドバイザー原田健太郎氏が、仮想通貨の基礎知識から運用方法まで幅広く指南しています。

たとえば、
今回紹介した「仮想通貨を安全に管理する方法」「海外口座での取引方法」などを説明する勉強会を開催したり、注目されているICOの真偽や期待値、推奨した通貨の売り時などを紹介しています。

一人で始めるのは不安だな…。
でも、仮想通貨で稼ぎたい!

このような方の登録をお待ちしています。
ぜひ、一緒に仮想通貨の世界を学びましょう!

 新規会員登録 

クリプトソラウドの
無料会員登録はこちら